マンモトーム生検とは

「Mammotome®/マンモトーム」は、視触診・超音波・マンモグラフィー検診でなんらかの異常(しこり・組織の石灰化など)が発見された際、それらが乳がんかどうかを診断するために組織を採取する医療機器です。
より大きな組織標本を採取でき、縫合が不要で傷痕が小さいため、患者さまに過度な負担を与えずに診断できることが特徴です。

代表ごあいさつ

代表 是永 陽一
デヴィコア メディカル ジャパンは、乳房領域に特化した専門知識と患者様に寄り添う思いやりを第一に、医療従事者と患者様にとって必要不可欠なパートナーとなることを目指しています。 2001年に吸引式乳房生検装置を本邦最初に販売を開始して以来、その他乳房診断関連機器も共に開発・販売し、早期における乳癌の発見のために貢献してまいりました。

弊社ブランド名である「マンモトーム」は、“マンモトーム生検”として、吸引式乳房生検の代名詞のように、本邦の医療施設において広く認知いただいております。 乳癌は早期発見により治療成績の向上が見込まれますが、欧米と比較して、まだ本邦における乳癌検診受診率は低く、改善の余地が残されています。
デヴィコア メディカル ジャパンは今後もより正確な診断を通じ、早期発見、患者様のQOLの向上を目指し尽力してまいります。

会社概要
術式ビデオ
カタログ・
リーフレット